ニュープラスチック袋

環境に優しいNuPlastiQ

「NuPlastiQ」袋は、ジャガイモ澱粉とグリセリンを25%以上含有しています(含量の比率はお客様の求めるレベルで対応可能です)
当社ではNuPlastiQを原料の一部に取り入れて、環境に貢献する手提げポリ袋の製造を実現しました。

「NuPlastiQ」を用いることにより、ポリ袋製造にかかる従来の石油系樹脂の使用量を抑え、石油資源の節約・温暖化ガスである二酸化炭素排出量の削減を達成し、地球環境への大きな貢献につながります。




解説イメージ

お問い合わせ


小判(楕円)抜き袋の製品特徴

底マチ
底マチを付ければ容量のあるものも余裕で入れることができます。

横マチ
底マチと同様に容量のあるものに。口が広く開いて入れやすいのは横マチ。用途に合わせて使い分けましょう。

グラビア印刷
グラビア印刷だから写真もこの迫力。凝った印刷やデザインを見せたいなら楕円抜き袋のような平たい形状が適。

抜き型
抜き型の形やサイズも実は変えることが出来ます。モロフジではバナナ型(写真下)が標準です。

頭折り
頭部分を折り返して二重にすることで強度を持たせることが出来ます。底マチとの組み合わせでどうぞ。

小判(楕円)抜き袋のオススメ用途

  • 持ち帰り用
  • イベント
  • 資料
主な業種
アパレル | 菓子・ベーカリーショップ | 広告・SP会社 | 美容室

小判(楕円)抜き袋の概要

材質

NuPlastiQ(ニュープラスチック)

*澱粉を主原料とする100%再生可能な資源から作られたプラスチック新素材。

形状

手穴抜き手提げ袋
ループハンドルバッグ
その他

基本生地色

ナチュラル(半透明)・乳白(白生地)・着色(袋に希望の色を付ける事も可能です)

印刷方法

グラビア印刷、もしくはフレキソ印刷

印刷方法の違いについては下記図説をご参照下さい。
※両面印刷をご希望の方はご相談下さい

製造

ボトムシール

(底に熱溶着して袋を作ります)

サイドシール

(横に熱溶着して袋を作ります)


印刷方法の違い

モロフジ関連サイトのご案内

  • 楕円抜き袋の小ロットはこちら
  • 楕円抜き袋の既製品販売はこちら

ページトップへ

株式会社モロフジ  〒818-0052 福岡県筑紫野市武蔵3丁目2−18